水道契約の処理

水道契約の処理 これまで住み続けていたマンションを売却することになった場合、引き渡しの時期によっては水道契約が中途半端になってしまうことがあります。
引き渡しの直線までそのマンションで生活を続けていた場合には、特に料金の支払いがややこしくなってしまうことでしょう。
中古マンション売却の際の水道契約については、売買契約の際に買主と売主できちんと取り決めをしておくと良いです。

月単位でどちらが支払うことになるかを決めてしまえば、トラブルになってしまうこともありません。
引き渡しの時点でのメーター使用量を確認したうえで、実費精算をする方法もあります。
実費精算であれば、お互いが使用した分だけの料金を支払うことになるので、問題も生じにくいでしょう。
その場合、使用した水量に応じて、基本使用料や下水使用料金等を案分するなどの方法もあります。
どのような方法であっても、事前にきちんと取り決めをしておくことが、中古マンション売却の際には非常に重要となります。

中古マンションを購入するときは駐車場を使えるか確認しよう

中古マンションを購入するときは駐車場を使えるか確認しよう 中古マンションを購入するときには、併設されている駐車場が利用できるかを契約する前に確認しておくことが重要です。多くのマンションには、1階や地下スペースの部分に駐車場が設置されていますが、利用は先着順になっているところがほとんどです。そのため中古マンションを購入しても、すでに住んでいる人達が借りている可能性が高いので、利用したくても順番を待たなければなりません。その場合はすでに車を所有していたら、他の場所に駐車スペースを借りなければならないので、その費用が経済的な負担になってしまいます。

そこで中古マンションを購入するときには、駐車スペースを利用することができるのか、もしくは待機するのであればどのくらいの期間が必要になるかを確認しておくことをおすすめします。利用するときは基本的に無料になっていることもありますが、管理のために有料になっているところもあるので、その点も確認しておくと後々のトラブルを防げるでしょう。