中古マンションを売るときの保険の処理

中古マンションを売るときの保険の処理 中古マンションを売却するにあたって処理しておきたいことの一つが、マンションにかけていた保険の処理です。
基本的には中古マンションを手放す以上は契約したままにしていても意味がないので、引受会社や代理店などに連絡をして契約を解除することになりますが、住宅ローンの返済が終わっておらず、中古マンションに抵当権が設定されたままになっている場合は、証書に質権が設定されているため金融機関を通じて解約手続きを行わなければなりません。
また、保険の契約を解除するときに既に払い込んでいるお金があると、このうち解約日の翌日から契約期間が満了する日までの期間に相当する部分が解約返戻金として返還されます。
このお金は解約請求書が受理されてから1週間程度で指定した金融機関の口座に振り込まれるので、返戻金の使い道を決めている場合は中古マンション売却の最終決済を行う日が決まったらすみやかに契約先に連絡し、解約日と書類が送付される日を決めておきましょう。

中古マンションの確認で必要なポイントと注意点

中古マンションの確認で必要なポイントと注意点 中古マンションの確認事項がいくつかあります。
中古マンションを購入する際には、築年数やリフォームの状態をない件で確認するのがポイントです。
耐震のチェックができているか、契約前に仲介業者に質問をするようにします。
設備状態や管理ができているか、調べるのがポイントにします。
中古マンションは住民の様子や周囲の環境が大事です。
どのような環境にあるのか、何回か現地にいくとわかります。
天気や時間帯を変えてどのような状況の環境にある物権か見てから決めるのがこつです。
中古マンションは設備の管理状態や、以前の所有者の使用状態でリフォームが必要かどうかわかります。
築年数だけでなく手入れが行き届いているか、管理組合がしっかりしている事が大事です。
修繕計画が立っているか、積み立て費が正常に管理されている物件かで判断します。
物権の価値や環境そして管理費を検討する材料にするのが大事です。
予算内に毎月の修繕費の積み立てとあわせて検討します。