このサイトでは中古マンション売却の手順について詳しく紹介してます。
売る時の保険、ガスや電気、水道などの契約の処理の仕方についても詳しく解説します。
売る時には大きく分けると価格査定と売るための活動、契約と決済があります。
買う時と違って売る時には自ら動いて手続きをする機会は多くないですが、それぞれで必用な事を決断することで成功か失敗かにも影響します。
また、直ぐに出来るものでもなくてかなりの期間も必要です。

中古マンション売却の手順

中古マンション売却の手順 中古マンションの売却は予想以上にストレスがかかることが多く、高額で売れそうな人気のマンションなら直ぐにでも買い手が付く可能性はありますが、通常の中古マンションだと売れるまでの期間は3ヶ月、長いと半年以上になります。
主な手順ですが、価格査定と媒介契約締結は約1~2週間かかり、最初に重要なのが売る時の動機を整理することで理由を明確にします。
それから住宅ローンの残債額の確認、売るために必要な書類の準備に相場も把握してから金額査定を依頼します。
納得した時に媒介契約を結ぶことになります。
売るための活動は約2ヶ月〜1年で、セールスポイントを明確に購入希望者に伝えて、中々買い手が見つからなくても忍耐することも重要です。
売り出し価格を決めてから掃除を行い、内覧対応と購入申込書をもらいます。
契約・決済は約1ヶ月で、売買契約や引き渡し日の調製、銀行に連絡してから引越しを行いそれから引き渡しです。

中古マンション売却の契約に必要な書類と手続き・費用

中古マンション売却の契約に必要な書類と手続き・費用 不動産は持ち歩いたり名前を書いておくことはできないため、所有者の権利や抵当権など大切な権利義務は登記することで証明します。
中古マンションの売却契約では、所有権を取得する買い手を登記の権利者、所有権を失う売主を登記の義務者といい、登記手続きの申請と費用負担は権利者である買い手がするのが原則です。
権利者はこの登記によって損することはないので、契約書に押印する印鑑も認印で、添付書類は住所確認のための住民票で大丈夫です。
一方、権利を失う側の売り手は、知らないうちに権利を失っていることがないように厳格な本人確認手続きが必要で、売買契約書には実印の押印と印鑑証明書の添付が必要です。
買った時には不動産の価値に応じて数十万円などの高額な登記費用が必要ですが、売却時には登記の費用は不要です。
ただし、中古マンション売却時に住宅ローンの借入が残っている場合は所有権の移転に先立って借入金を完済の上抵当権を抹消する必要があります。
抵当権抹消登記は売買による所有権移転登記の事前準備として売主がしておくべき義務なので、費用負担も所有者がします。
とはいえ、抵当権設定時には借入の金額によっては数十万円の高額な費用が掛かりましたが、抵当権抹消時は一律数万円程度で可能です。

中古マンション売却情報リンク

マンションの買取を東京で頼む